外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 外来魚釣りの有料化検討 知事、導入を調査

<<   作成日時 : 2017/11/20 01:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

駆除釣りにも課税するんでしょうか?それなら本末転倒だしレジャーとしてのバス釣りに課税するなら逆に市民権を認めてしまう事になるので非常にまずい事になると思います。金を取るなら再放流禁止を解除しろとか言われかねないし。

以下引用。
https://mainichi.jp/articles/20171115/ddl/k25/040/541000c
外来魚釣りの有料化検討 知事、導入を調査 /滋賀.
毎日新聞2017年11月15日 地方版

琵琶湖でのブルーギルやブラックバスなどの外来魚釣りについて、三日月大造知事は14日、有料化を検討する意向を示した。今年度に他県などの先進事例を調べ、琵琶湖での導入可能性を探っているという。ただ、外来魚駆除に釣りが一役買っている面もあり、釣り客や関係業界などの反発も予想される。

この日の県首長会議で宮本和宏守山市長が「釣り客はゴミも出すなど琵琶湖に負荷をかけており料金を取るべきだ」と提案し、三日月知事が答えた。

県琵琶湖保全再生課によると、今年度は調査費として300万円の予算を計上し、レジャー客ら利用者に負担を求める事例を調査。山梨県の河口湖では地元の富士河口湖町が「遊漁税」としてコンビニなどを通じて徴収しているという。釣り人に限らず環境への利用税を徴収する自治体もあり、同課は「難しい面も多く、実現を目指すなら時間をかけて検討していく」としている。年度末には調査の成果をまとめる。

県内でもアユ釣りなどで漁協などが料金を徴収する例はあるが、琵琶湖では行政が直接徴収する例はない。県は約10年前に「湖面利用税」を検討して頓挫。琵琶湖で釣った外来魚を放す「リリース」を条例で禁止し、釣り客には県設置の「回収ボックス」に入れて駆除に協力するよう求めている。【大原一城】

引用ここまで。




外来動物の脅威 群馬県における生息・生態・諸影響と防除方法 ブックレット群馬大学 / 石川真一 【本】
ローチケHMV 1号店
基本情報ジャンル物理・科学・医学フォーマット本出版社上毛新聞社発売日2013年03月ISBN9784

楽天市場 by 外来動物の脅威 群馬県における生息・生態・諸影響と防除方法 ブックレット群馬大学 / 石川真一 【本】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

恐るべし!?外来生物~しずおかに侵攻する (しずおかの文化新書) (新書) / 静岡県文化財団
CD&DVD NEOWING
★書籍商品の購入に関するご注意コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。

楽天市場 by 恐るべし!?外来生物~しずおかに侵攻する (しずおかの文化新書) (新書) / 静岡県文化財団 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
外来魚釣りの有料化検討 知事、導入を調査 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる