外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS ウナギの生息環境づくりへ「増殖礁」を調査 渡良瀬漁協

<<   作成日時 : 2018/01/10 19:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

渡良瀬本流にもいるんですね、ギル(激鬱)。支流では釣った事ありますけど。

以下引用。
http://www.shimotsuke.co.jp/category/life/tourism/season/news/20180109/2929759
ウナギの生息環境づくりへ「増殖礁」を調査 渡良瀬漁協
1月9日 朝刊

【足利】渡良瀬漁協(山野井淑郎(やまのいよしお)組合長)はこのほど、「鰻(うなぎ)生息環境改善支援事業」で渡良瀬川に設置した「石倉増殖礁」の1回目のモニタリング調査を行った。

組合員や県水産試験場の職員ら約20人が参加。寒風の中、猿田町の福猿橋上流左岸に設置した石を詰めた10個の「石倉かご」のうち、3個を引き上げ、中の生物を調査した。

かごの中の石をどかし、ピンセットなどを使って、生息していた生物を丁寧に採取。体長数センチのヌカエビ、スジエビなどウナギの餌となるエビ類が確認された。特定外来生物のブルーギルの稚魚も見つかった。

引用ここまで。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
ウナギの生息環境づくりへ「増殖礁」を調査 渡良瀬漁協 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる