外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 笛吹市の金川でブラウントラウトが依然繁殖

<<   作成日時 : 2018/01/10 23:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

もう特定外来指定でいいんじゃ?

以下引用。
http://www.ybs.jp/tv/wnews/news88812144.html
笛吹市の金川でブラウントラウトが依然繁殖
(山梨県)

外来種の淡水魚ブラウントラウトが本来いないはずの笛吹市の金川で繁殖を続けている。県水産技術センターは6年前から駆除を続けているが、在来のイワナとの混雑種も確認されるなど根絶に苦戦している。

ブラウントラウトは北部ヨーロッパなどが原産地とされるサケ目の外来種で2012年に金川で確認された。定着するポイントが重なる在来のイワナのすみかを奪うだけでなく、本来は存在しないイワナとの混雑種が誕生するなど生態系への影響も確認されている。このため県水産技術センターは、6年前から、電気で魚を気絶させる装置を使い、駆除を行っていた。

今年度も川の上流部と中流部で計5回実施したが、依然としてブラウントラウト66尾と、イワナとの混雑種3尾が発見された。この中には生後1年に満たない幼魚も含まれ、繁殖が続いていることが分かるという。近くにブラウントラウトの養殖場がないことからセンターは、誰かが卵や稚魚を放流したことが定着の原因と考えている。一度離した外来種の根絶には長い年月と大きな労力が必要となることから、軽い気持ちで放流しないよう強く求めている。
[ 1/9 18:02 山梨放送]

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
笛吹市の金川でブラウントラウトが依然繁殖 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる