外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 国道の湖上せり出し拡幅、困難と見解 滋賀県が初めて示す

<<   作成日時 : 2018/02/28 16:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

これ以上湖岸帯破壊してどうするんですか?

以下引用。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180227-00000037-kyt-l25
国道の湖上せり出し拡幅、困難と見解 滋賀県が初めて示す
2/27(火) 21:19配信
京都新聞

慢性的な渋滞が課題となっている滋賀県高島市の国道161号の白鬚神社付近で国が計画する道路拡幅事業について、滋賀県は27日の県議会一般質問で、琵琶湖上にせり出して拡幅する現行計画は「景観面から極めて困難」との見解を初めて示した。国はトンネル化を含むルート変更の検討に乗り出しており、計画の見直しが進みそうだ。

池口正晃土木交通部長が、琵琶湖保全再生法の基本方針で「文化的景観の保全、整備を推進する」と定められていることを踏まえ、「琵琶湖岸を改変するのは極めて困難な状況だ」と述べた。清水鉄次県議(チームしが)の質問に答えた。

JR湖西線の北小松駅(大津市)付近で工事が進む14工区について、県は2024年滋賀国体までに完成させるよう国に要望しており、北側に位置する同神社付近の13工区も「遅れず取り組むようにお願いしている」とした。

池口部長は同神社付近の現状について「日本遺産の観光地でありながら、車の交通量が県内のビワイチ(自転車による琵琶湖一周)ルートの中で最も多く、危険な箇所だ」と指摘。「現状のままでは、高齢者や初心者らがビワイチを敬遠し、魅力が弱まる」と懸念を示した。

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
国道の湖上せり出し拡幅、困難と見解 滋賀県が初めて示す 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる