外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 琵琶湖の水草、昨季下回る見通し ボランティアら駆除奏功

<<   作成日時 : 2018/03/02 01:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

本当に大変なのは減少傾向に転じてからです。

以下引用。
http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20180224/CK2018022402000022.html
2018年2月24日
琵琶湖の水草、昨季下回る見通し ボランティアら駆除奏功

琵琶湖に大量の外来水生植物(水草)が繁茂している問題で、県や市などでつくる外来水生植物対策協議会が二十三日、大津市末広町の環びわこ大学・地域コンソーシアムであった。県は来月末時点で見込まれる水草の生育面積が、年度初期値となる昨年四月の面積を下回る見通しを明らかにした。

自然環境保全課によると、昨年四月時点の生育面積は約十五万六千平方メートルだった。一方、県はボランティア団体などと連携し、これまでに五万二千五百平方メートルを駆除。三月末までにさらに二回の駆除を予定しており、同課担当者は「現時点で十万平方メートル程度には減っているのでは」と話す。

一方、全国に豪雨をもたらした昨年十月の台風21号で琵琶湖の水位が上昇し、水草がごみに交じったり、風でちぎられたりして各地へ漂着した。このため高島市の今川河口では台風通過後、緊急駆除も行われた。

協議会では、参加団体が一年間の取り組みも報告。県からは台風による水草の分布拡大の注意喚起もあり、参加者は人力と機械を併用し今後の駆除の徹底も再確認した。同課は「人力で根まで丁寧に、機械でごっそり取るほか、関係団体と巡回監視し、見つけたら駆除する意識で水草を減らしたい」と話した。
(高田みのり)

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
琵琶湖の水草、昨季下回る見通し ボランティアら駆除奏功 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる