外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 「池の水ぜんぶ抜く」今度は小池都知事が初参戦「入るしかないでしょう」自ら池に泥んこ、トップが一肌脱ぐ

<<   作成日時 : 2018/04/14 02:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

あーあ、都知事まで出て来ちゃって.......。遊びじゃありません、水抜きは。

以下引用。
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/04/12/kiji/20180412s00041000130000c.html
「池の水ぜんぶ抜く」今度は小池都知事が初参戦「入るしかないでしょう」自ら池に泥んこ、トップが一肌脱ぐ

小池百合子東京都知事(65)が池の水を抜くだけの異色企画、テレビ東京「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦」(22日後7・54)に初参戦したことが12日、分かった。今年3月に第7弾を迎えた人気シリーズの月1レギュラー放送1回目に、ビッグゲストが登場。都と番組サイドの目的が一致し、東京・日比谷公園の池の水抜きが実現した。小池都知事は今月7日、番組ロケに参加。「入るしかないでしょう。今日は」と胴長に身を包んで池に入り、泥んこになりながら生物捕獲に挑戦した。

昨年1月に特番としてスタートし、同6月の第3弾で千葉県習志野市長から直々に依頼が舞い込むなど、放送を重ねるたびに話題に。池の環境改善を図ることから、社会的な反響も呼び、今年1月の正月特番(第6弾)には中川雅治環境大臣(71)が収録現場に異例の訪問をし「環境省としても外来種問題に取り組んでいるので(番組の存在、取り組みは)ありがたい」と感謝した。中川環境相に続き、今度は小池都知事が登場する。

昨年9月の第4弾で、東京のド真ん中・日比谷公園の「雲形池」の水を114年ぶりに抜き、由緒ある佐賀藩鍋島家の家紋が描かれた瓦が発見された。日比谷公園にある、もう1つの池「心字池」も「いつか水を抜きたい」と考えていた番組サイドが今回、都にオファー。快諾され、生物調査を実施する。

20年東京五輪を見据え、都立公園にある約100の池のきれいにしたい都と番組サイドの狙いが合致。そして小池都知事自ら池に入り、一肌脱いだ形になった。現場には1時間ほど滞在したという。

小池都知事は共演の俳優・的場浩司(49)と生物調査のために集まった地元の小学生を前に「東京都にはたくさん都立公園があり、たくさん池があります。(都では)それをきれいにしていくことをやっています。また、特定外来生物が在来種を食べて駆逐してしまっているので、東京の自然を取り戻すということからお手伝いしたい、というか、皆さんにお手伝いしていただきたいと思っています」と宣言。的場が「入る気、満々ですね」と聞くと、小池都知事は「入るしかないでしょう。今日は」と水の抜けた池の中へ。自ら網を持ち、泥だらけになりながら、肥大化した鯉などの捕獲を行った。

終了後、池に入った感想を問われると「まずは大変だということと、生き物は外来(種)も在来(種)も必死になって生きてるな、と思いました。でも、しっかりここは外来種を駆除することによって、在来(種)をしっかり守っていくことが必要だな、と改めて思いました」。子供たちも交流しながら、貴重な体験になったようだ。

22日は小田原城(神奈川県小田原市)のお堀の水を38年ぶりに抜く様子も放送される。
[ 2018年4月12日 08:00 ]

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
「池の水ぜんぶ抜く」今度は小池都知事が初参戦「入るしかないでしょう」自ら池に泥んこ、トップが一肌脱ぐ 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる