外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 謎のザリガニ 自然界への新たな脅威に

<<   作成日時 : 2018/05/08 00:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ついに来ましたか。早く特定外来指定を。

以下引用。
http://www.sankei.com/column/news/180505/clm1805050001-n1.html
http://www.sankei.com/column/news/180505/clm1805050001-n2.html
2018.5.5 05:01更新
謎のザリガニ 自然界への新たな脅威に

新顔の外来ザリガニによる水辺の生態系への脅威について環境省が全国に注意喚起を始めた。

雌1匹だけで子孫を残す特異な観賞用ザリガニ「ミステリークレイフィッシュ」が、国内の天然水域で発見され始めたためである。

外来生物として、先輩格であるアメリカザリガニは、昭和の初期に移入されてから約90年間で、北海道から南西諸島までの全国に分布を拡大してしまった。

近年、各地でトンボ類や地域固有の水生昆虫、水草などへのアメリカザリガニの害が目立ち始め、水域の汚濁化も含めて深刻な環境問題になっている。

今回、環境省が池や用水路などの野外で発見した場合の連絡を求めているミステリークレイフィッシュは、アメリカザリガニ科の一員だ。

1990年代にドイツで見つかり、マーモクレブスという名がついた。体に大理石模様があるためマーブルクレイフィッシュなどとも呼ばれる。

外見はアメリカザリガニと似ているが、繁殖方法が全く違う。

雌だけで子孫を残す単為生殖なのだ。この珍しさが人気を呼んで、日本国内でも愛好者が飼育するようになっていた。

だが、1匹でも逃亡したり、放たれたりすると自然界で猛烈に繁殖する可能性がある。ペットとするには注意が必要なのだが、12年前に札幌市内で、2年前には愛媛県松山市の川で野外個体が捕獲されている。


北欧の天然水域でも確認されているし、アフリカのマダガスカルでは、野外に出たこの新顔が水田や用水路などで猛威を振るい、農業被害が発生していることを知っておくべきだ。

専門家によると、単為生殖をするミステリークレイフィッシュはペット用に改良された品種であるらしい。遺伝子操作を受けて、特殊な繁殖能力を獲得した可能性も否定できない。謎に満ちた身元不詳のザリガニなのだ。

ペット店などでの販売に対する規制はまだないが、自然界への影響を考えると飼育には慎重でありたい。増えすぎた子ザリガニを野外に放すのは厳禁だ。

アメリカザリガニ対策で環境省は完全に後れを取っている。ミステリークレイフィッシュで、その轍(てつ)を踏むのは避けたい。

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
謎のザリガニ 自然界への新たな脅威に 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる