外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 天然記念物アユモドキ、過去最多179匹確認 京都・保津川

<<   作成日時 : 2018/06/05 03:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

>「スタジアム工事の影響を心配していたが、順調に繁殖していると分かり、一安心だ」

本当かしらん?

以下引用。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180601-00000015-kyt-sctch
天然記念物アユモドキ、過去最多179匹確認 京都・保津川
6/1(金) 11:57配信

京都府亀岡市のNPO法人「亀岡人と自然のネットワーク」が、保津川流域に生息する国の天然記念物アユモドキの生息状況調査を10年以上続けている。5月下旬に実施した最新の調査では、生息環境が改善された結果、個体数が過去で最も多い179匹を確認した。

調査は同法人が、2006年から5月下旬と9月の年2回行っている。アユモドキは、一時絶滅が危ぶまれたが、地元住民などが外来魚の駆除などに取り組んできた。

今回の調査は、京都学園大(亀岡市)の学生や、海洋高(宮津市)のマリンバイオ部の5人も加わり、最大規模となる約40人で実施した。生後1年未満の個体が76匹(昨年度55匹)、2年以上の成魚103匹(同97匹)を確認した。

海洋高マリンバイオ部長の小籔清貴さん(17)は「実際に生息地を見られて勉強になった」と話していた。同法人は「スタジアム工事の影響を心配していたが、順調に繁殖していると分かり、一安心だ」としている。

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
天然記念物アユモドキ、過去最多179匹確認 京都・保津川 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる