外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS シナイモツゴ増やそう 大崎の児童77人が放流

<<   作成日時 : 2018/06/23 04:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

きちんと在来の種苗を使った放流行為ですのでご安心を。

以下引用。
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201806/20180622_13032.html
シナイモツゴ増やそう 大崎の児童77人が放流

宮城県大崎市鹿島台のNPO法人「シナイモツゴ郷の会」のシナイモツゴ放流会が20日、同市鹿島台のため池であり、里親として育ててきた鹿島台小4年生77人が300匹を放流した。

放流した魚は、鹿島台小と石巻市開北小、東松島市鳴瀬桜華小、美里町小牛田小の4校の児童らが卵から育てた。子どもたちは体長3センチほどに育った魚を数匹ずつバケツに入れ、丁寧に池に放した。

鈴木つばき君(10)は「池をすいすい泳ぐ魚に大きくなって、と声を掛けた」と笑顔。高橋柚衣子さん(10)は「将来はシナイモツゴがいるため池や田んぼをたくさんつくりたい」と声を弾ませた。

環境省の絶滅危惧種に指定されているシナイモツゴの放流会は2005年から続く。外来種などを駆除し、安全に生息できる7カ所のため池に放流している。

「郷の会」理事長の二宮景喜さん(75)は「鹿島台地域の宝を守り、増やす活動をこれからも続けていきたい」と話した。

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
シナイモツゴ増やそう 大崎の児童77人が放流 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる