外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 田んぼの水路、小ブナぴちぴち 滋賀で観察会、30センチ大物も

<<   作成日時 : 2018/06/27 02:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こちらは水路にタモを入れて掬うだけですしあまり問題なさそう。

以下引用。
http://www.kyoto-np.co.jp/shiga/article/20180625000032
田んぼの水路、小ブナぴちぴち 滋賀で観察会、30センチ大物も

田んぼの水路で魚を捕まえたり観察したりする催しが24日、滋賀県彦根市田附町の水田で開かれた。親子連れら約50人が参加した。

農業推進や景観保全などに取り組む地元団体「美土里(みどり)の里田附」が主催した。同地域では、琵琶湖の在来魚を水田で増やす県の「魚のゆりかご水田プロジェクト」を2005年度から実施している。

参加者が琵琶湖につながる深さ60センチほどの排水路をタモですくいあげると数十匹のフナの稚魚が姿を見せた。産卵で遡上(そじょう)した約30センチのニゴロブナもおり、子どもたちはバケツに入れて観察した。

稲枝西小2年の男子児童(8)は「いっぱい魚がとれてびっくりした」と笑顔だった。
【 2018年06月25日 09時34分 】

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
田んぼの水路、小ブナぴちぴち 滋賀で観察会、30センチ大物も 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる