外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 琵琶湖固有種ワタカの稚魚、児童が放流「水草いっぱい食べてな」

<<   作成日時 : 2018/06/27 22:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さてこのケースも琵琶湖固有種だし専門家層の指導の元だし問題はなさそう。

以下引用。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180627-00000043-kyt-sctch
琵琶湖固有種ワタカの稚魚、児童が放流「水草いっぱい食べてな」
6/27(水) 9:52配信
京都新聞

滋賀県彦根市尾末町の彦根旧港湾で26日、市内の児童らが琵琶湖の固有種、ワタカの稚魚を放流した。水の中を泳ぐ稚魚の行方を追い、「水草いっぱい食べてな」と呼び掛けた。

県東北部浄化センター(同市)が、処理後の水の放流先となっている旧港湾の環境改善のため、2010年から実施している。琵琶湖栽培漁業センター(草津市)で育てたふ化後1年の稚魚約5000匹を放流した。

城東小と城北小の5年生約90人が参加した。県東北部浄化センターの職員が、ワタカが水草を食べることや、外来魚の食害にあって減っていることを説明。児童がバケツで放流した。

城北小5年藤田琥也君(10)は「初めてワタカを見た。水草を食べて育ち、水がきれいになるなんて一石二鳥やと思った」と話した。

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
琵琶湖固有種ワタカの稚魚、児童が放流「水草いっぱい食べてな」 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる