外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 外来魚減へ釣果をHPに投稿 滋賀県、小中生の活動向上狙う

<<   作成日時 : 2018/07/31 00:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

駆除量自慢になると本来の目的を見失い危険性もあるのでは?
釣りによる駆除はあくまで啓発目的ですから。

以下引用。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180729-00000005-kyt-sctch
外来魚減へ釣果をHPに投稿 滋賀県、小中生の活動向上狙う
7/29(日) 9:18配信
京都新聞

琵琶湖で小中学生が外来魚釣り上げと回収に協力する「びわこルールキッズ」について、滋賀県が活動率の向上を目指している。参加登録者のうち釣った魚の数を報告したのは2割と少ないのが悩みの種。対象期間を延長し、県ホームページ(HP)に釣果を投稿するコーナーを新設した。

回収したブラックバスやブルーギルの数が多い人を表彰するコンテストで、琵琶湖での外来魚再放流禁止ルールの周知策として2008年度に始めた。過去10年の登録者は計7536人だが、県に釣果を報告したのは1656人という。

県は年に1、2回催す外来魚釣り大会の際にキッズに登録したものの、期間を通じて釣りをしない人が多いとみている。

そこで参加者が県HP上で釣果を日記風に紹介する「ルールキッズ・ダイアリー」を本年度から開設。魚の写真や「ここでたくさん釣れた」などのコメントを寄せてもらい、活動への意欲を高める狙いだ。

本年度の活動期間は今月21日から10月31日で、6〜8月だった従来より20日間程度延ばした。猛暑の真夏より秋の方が釣りに訪れる人が増えると見込む。

県琵琶湖政策課は「より多くの小中学生が琵琶湖で釣りをして、外来魚の減少につなげてほしい」としている。

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
外来魚減へ釣果をHPに投稿 滋賀県、小中生の活動向上狙う 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる