外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS アユの産卵 お手伝い 彼杵小児童が堤防作り

<<   作成日時 : 2018/10/13 02:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

放流に頼らなくても資源維持が可能な方法はあります。

以下引用。
https://this.kiji.is/419510321331897441
2018/10/2 00:0210/2 11:51updated
©株式会社長崎新聞社

アユの産卵 お手伝い 彼杵小児童が堤防作り

長崎県東彼東彼杵町蔵本郷の町立彼杵小(原源吾校長)の4年生37人が9月28日、近くの彼杵川下流に石を並べて、アユの産卵場作りに取り組んだ。

彼杵川では、住民らによる浄化活動や県の河川整備の効果で2010年にアユの遡上(そじょう)が確認された。児童らは11年から授業の一環で、生息観察などに取り組んでいる。

アユは、秋に流れが緩やかで小石の多い川底に卵を産むとされる。児童は、地元の自然保護グループ「東彼杵清流会」やNPO法人「長崎海洋環境研究会」のメンバーの指導を受け、川底に石を敷き詰めて産卵場を作った。卵が流されないように少し下流に石を並べて堤防にした。

釣本愛さん(10)は「大きな石を運ぶのが大変だった」、山田茉季さん(9)は「毎年アユが卵を産みに来てくれるとうれしい」と話した。

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
アユの産卵 お手伝い 彼杵小児童が堤防作り 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる