外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 釣りで行われる「キャッチ・アンド・リリース」、無意味であることが科学的に証明される 米大学研究

<<   作成日時 : 2018/10/13 03:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

まあ魚の扱いや魚種、サイズによっても変わってくると思いますが。バスみたいに激しく抵抗して水の中を引きずり回された挙げ句釣られてくる魚はダメージも大きいでしょうね。あと個人的な経験から言うと針のカエシの有無はあまり関係ないと思います。針が刺さった場所と釣った後の魚の扱いや外気温等の影響の方が大きいでしょ。

以下引用。
http://aqua2ch.net/archives/52553409.html
釣りで行われる「キャッチ・アンド・リリース」、無意味であることが科学的に証明される 米大学研究

良かれと思ってやっていた行為。実は、魚を苦しめていた?

釣りでよく行われている、釣った魚を生かしたまま、釣った水域に放流する行為であるキャッチ・アンド・リリース(再放流)。

この行為はこれまで無益な殺生を避け自然保護の観点からも望ましい行為とされていた。一方で、魚に対し多大な疲労と恐怖を与える事になるため動物虐待ではないかといった批判の声も少なからずあった。

今回、このキャッチアンドリリースが実際には必ずしも魚のためにはならないとする研究論文がジャーナル誌 Experimental Biologyに掲載され話題となっている。

引用ここまで。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
釣りで行われる「キャッチ・アンド・リリース」、無意味であることが科学的に証明される 米大学研究  外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる