<三気通信>伝統農法「ごみくい」

溜池の水抜きは本来は池の環境管理の為に行うものであって外来魚駆除目的で行われる様になったのは最近の事なんですよね。

以下引用。
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/304798
<三気通信>伝統農法「ごみくい」
泥土3トンをバケツリレー
2018/11/21

晩秋の恒例となった伝統農法「ごみくい」を11日、佐賀市北川副町増田の国営水路で行いました。会員や佐賀大学の学生、市民ら約120人が参加、今年は九州農政局筑後川下流右岸農地防災事業所の全面協力もあり、盛大に行うことができました。

一列に並んでバケツリレーでクリークの底泥を運び出しました。泥が跳ね飛び、顔に泥パックする人もあり、わいわいにぎやかに作業が進みました。運び出した泥は約3トンに及びました。

その後は魚捕り。魚の群れを見つけた子どもたちは大騒ぎ。投網を打つと、1回に魚が10匹ほど入り、揚げるのが大変でした。ミシシッピアカミミガメやライギョ、ブラックバスも捕獲。外来種は駆除、在来種は放流しました。

昼食には有機新米のおにぎりや有機野菜を材料にした豚汁のほか、ふなんこぐい(昆布巻き)を食べてもらい、「おいしい」という声に、主催として内心ほっとしました。(NPO元気・勇気・活気の会副理事長・北島忠俊)

引用ここまで。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック