子どもに釣り経験がある家庭の84%が環境の話をしている?!地球環境保全の意識調査を小学4年生~中学生

どうも裏で日釣振あたりがイメージ戦略として糸を引いていそうな気がします。

以下引用。
https://www.sankeibiz.jp/business/news/181218/prl1812181103190-n1.htm
子どもに釣り経験がある家庭の84%が環境の話をしている?!地球環境保全の意識調査を小学4年生~中学生の母親に実施
2018.12.18 11:03
SankeiBiz

一般社団法人 日本さかな検定協会(東京都千代田区、代表理事:尾山雅一)は、小学校4年生~中学生の子どもを持つ30~40代の母親に調査したところ、地球環境保全、生態系保全に対する子どもの意識の向上に「釣り体験」が有効であることがわかりました。

子どもの「釣り経験」の有無によって、「自然環境の大切さ」「生き物の命の大切さ」「エコ(ゴミ、省エネなど)」について親子で話す頻度に違いが見られました。子どもに釣り経験のある家庭では、実に84%が環境に関する会話をしており、子どもが「釣り経験なし」の家庭と比べると30%の差がみられました。特に環境に関する会話の頻度では子どもに「釣り経験があり」の家庭のみが「よく話す」と回答し、その割合は約3割(28%)という結果でした。
また、釣り経験がある子どもを持つ母親に「自然環境の大切さ」「生き物の命の大切さ」「エコ(ゴミ、省エネなど)」を学ばせるために「釣り経験が役立つか」と聞いたところ、約7割(68%)が役立つ(「とても役立つ」「まあ役立つ」計)と回答しました。

■「釣り経験なし」の子どもは7割。母親は釣りをさせたいと思っているが、その機会がない現状。
「釣り体験」が地球環境保全、生態系保全に対する子どもの意識向上に有効であることがわかったものの、実際には子どもに釣りを体験させる機会が少ないという現状が判明しました。

今回の調査で「釣り経験なし」の子どもは7割という結果で、子どもに「釣り経験なし」と回答した母親の約4割が「釣りを体験させたいが機会がない」と回答しました。

引用ここまで。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • やはり

    Excerpt: 「子どもに釣り経験がある家庭の84%が環境の話をしている?!地球環境保全の意識調査を小学4年生~中学生」について 調べたらやはり釣り業界と繋がってましたね。 以下引用。 http://www.to.. Weblog: 外来魚問題関連情報 racked: 2019-02-20 02:27