外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 危険なイネ科外来種 確認…愛知・碧南 生態系破壊の恐れ

<<   作成日時 : 2019/03/12 23:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

オオバナミズキンバイについでまた厄介なのが。

以下引用。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20190224-OYT1T50042/
危険なイネ科外来種 確認…愛知・碧南 生態系破壊の恐れ
2019/02/24 05:00

国内の生態系を壊す恐れがある特定外来生物のイネ科植物「スパルティナ・アングリカ」が、国内で初めて愛知県碧南市で見つかったことがわかった。

スパルティナ・アングリカは、英国と北米東部にそれぞれ自生していたスパルティナ属の交雑種を起源とする。今回確認されたのは、同市内を流れる堀川の河口付近で、約1キロにわたり点在している。同県の審議会「県外来種調査検討会」の滝崎吉伸委員(59)が確認した。

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
危険なイネ科外来種 確認…愛知・碧南 生態系破壊の恐れ 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる