池田清彦先生に聞く外来種問題の現在

もうこの人の言うことにはウンザリですね。外来種だろうが在来種だろうが問題があれば対処すべきだというだけの事なのに。人の足を引っ張る事しか考えていない典型的なタイプの人ですね。これが私の母校の名誉教授だってんだから恥ずかしい。

以下引用。
https://web.tsuribito.co.jp/enviroment/ikeda-gairaishu1904
池田清彦先生に聞く外来種問題の現在 :前編
短期集中連載 池の水ぜんぶ全部“は”抜くな! :第1回 

人間の都合で持ってきた生きものを、同じく人間の都合で、今度は駆除する……。
外来種というのは、本当に駆除すべきワルモノなのか?
池の水が抜かれた後、酸欠で口をパクパクさせる魚たちは、私たちに何かを訴えているように思えてならない。外来種問題を考える短期連載、初回は生物学者である池田清彦先生に話を聞いた。

引用ここまで。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック