テーマ:報道関連

皇居のお堀でブルーギル&ブラックバスと戦い続けた日々

12月17日発売のFridayで皇居の外来魚の電気ショッカーボートによる駆除活動が紹介されています。 以下引用 https://friday.gold/article/99968 皇居のお堀でブルーギル&ブラックバスと戦い続けた日々 2021.12.17 「外来魚ハンター」工藤智氏(65)インタビュー  秘密兵器「電気シ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「子供に喜んでもらうため放流」のオタマジャクシが特定外来生物? 環境省注意、自治会は駆除作業

「知らないでやった事だから仕方がない」という言い訳が通用しない様にした方がいいと思います。やっちゃった後では取り返しがつかない場合だって多々あり得るんですから。 以下引用。 https://news.yahoo.co.jp/articles/952fad9ff3cc432fe3eae86b63513908788c9419 「子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカザリガニ、特定外来生物に指定へ 放出禁止に

〉特定外来生物に新たな区分を設けて、ペットとして飼うことは認めたうえで、輸入や販売、野外に放出することを禁止する。 うーんこれは諸刃の剣になりかねないなあ。慎重にやらないと。 以下引用。 https://news.yahoo.co.jp/articles/b2c633b57ee34a20943093204f51e705…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

絶滅危惧ゼニタナゴ、20年ぶり確認 地域住民の外来魚駆除実る

世の中暗いニュースばかりで嫌になりますがこんなニュースも。 以下引用 https://kahoku.news/articles/20210623khn000035.html 絶滅危惧ゼニタナゴ、20年ぶり確認 地域住民の外来魚駆除実る 2021年06月24日 06:00 伊豆沼・内沼(宮城県栗原、登米両市)で絶滅危…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コイ280匹宮川彩る 高山市で放流

ちっとも”明るい話題”じゃないんですが。 以下引用。 https://www.gifu-np.co.jp/news/20200414/20200414-232391.html コイ280匹宮川彩る 高山市で放流 2020年04月14日 08:40 岐阜県高山市内を流れる宮川にコイが放流された。高山祭の前に毎年実施され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

20億円目標の寄付集まらず サンガスタジアム整備費、17億円超の府債で穴埋め

>財源は19年度予算で未執行のアユモドキ生息環境保全対策費やスタジアム以外のスポーツ拠点施設充実費などを流用する。 こんなこったろうと思った。 以下引用。 https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/179076 20億円目標の寄付集まらず サンガスタジアム整備費、17億円超の府債で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池の水ぜんぶ抜く』に「ネタ切れならやめるべき」厳しい声も 突然のリニューアルに視聴者困惑?

もうやめれ..................。 以下引用。 https://news.goo.ne.jp/article/npn/entertainment/npn-200002443.html 池の水ぜんぶ抜く』に「ネタ切れならやめるべき」厳しい声も 突然のリニューアルに視聴者困惑? 2020/03/23 12:20リア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タナゴは生きていた! ブラックバス駆除で国内4例目の「自発的再生」 宮城

朗報です。 以下引用。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200221-00000014-mai-env タナゴは生きていた! ブラックバス駆除で国内4例目の「自発的再生」 宮城 2/21(金) 9:53配信 毎日新聞 希少な淡水魚、タナゴ(コイ科タナゴ属タナゴ)が、外来魚の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿野で食用ザリガニ養殖 東京のベンチャーが事業

休耕田かよ、頭痛い。早く何らかの規制を!!! 以下引用。 https://www.nnn.co.jp/news/200213/20200213055.html 日本海新聞 2020年2月13日 鹿野で食用ザリガニ養殖 東京のベンチャーが事業 鳥取市鹿野町で今春、食用アメリカザリガニの養殖事業が始まる。事業を展開するの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誰か放流?市役所内の水路でメダカ繁殖の謎 ヒメダカやシロメダカなどの改良種20匹

あのー自然水域じゃないから問題ないじゃないかという意見もあるかもしれませんが所有者や管理者の許可も取らず影響調査もせず勝手にやったという事が大問題な訳で。 以下引用。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200127-00240380-kyt-l25&fbclid=IwAR0R5WGHCwD…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

琵琶湖の環境保全対策を 知事が小泉環境相に要望

>湖沼の生態系の保護や水質保全、外来水生植物への対策など 少し前ならこの手の報道は中に必ず”外来魚”が入ったものですが。いくらギルが減少しているからってまだまだ軽視できる状況じゃないのに。 以下引用。 https://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20191107/CK2019…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良)金魚2千匹放流 興福寺放生会

問題はこれが宗教という自然科学による批判の矢が届かない世界の話だという事ですね。 以下引用。 https://www.asahi.com/articles/ASM4K3SR0M4KPOMB003.html 奈良)金魚2千匹放流 興福寺放生会 高橋杏璃 2019年4月18日03時00分 殺生を戒める仏教の思想に基づき、捕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出所不明の香港ウナギ6トン 日本輸入、養殖稚魚の8割 ワシントン条約で批判も

”出所の不透明さが指摘される”ってその内ニホンウナギだけじゃ済まなくなる様な気が。 以下引用。 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42856150V20C19A3CR0000/ 出所不明の香港ウナギ6トン 日本輸入、養殖稚魚の8割 ワシントン条約で批判も 社会 2019/3/25 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呼吸を止めたマザーレイク。「異常」で片付けるべきではない水と温度の奇妙な関係

「「琵琶湖の深呼吸」確認できず 観測以来初、魚介類の大量死懸念」について 「異常」じゃないからこそ心配なんですよね。 以下引用。 https://news.yahoo.co.jp/byline/hashimotojunji/20190411-00121880/ 呼吸を止めたマザーレイク。「異常」で片付けるべきではない水と温…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

琵琶湖博物館の新館長に高橋氏 生え抜きで初

期待しております! 以下引用。 https://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20190329000171 琵琶湖博物館の新館長に高橋氏 生え抜きで初 滋賀県立琵琶湖博物館(草津市)の篠原徹館長(73)が31日付で退任し、副館長の高橋啓一氏(62)が1日付で後任の館長に就任する。高橋氏は1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界初確認 雄グッピーが外来魚駆逐 在来メダカ保護で琉球大学

生物兵器はねえ.......。こっちの思う通り動いてくれるとは限らないし。 以下引用。 https://ryukyushimpo.jp/news/entry-897496.html 世界初確認 雄グッピーが外来魚駆逐 在来メダカ保護で琉球大学 2019年4月2日 10:20 琉球新報 琉球大学は1日、「世界のワースト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ハス」名脇役の琵琶湖の魚 淡泊な味、流通は少なく

まあ確かに数は取れそうもないですね。 以下引用。 https://www.kyoto-np.co.jp/shiga/article/20190331000063 「ハス」名脇役の琵琶湖の魚 淡泊な味、流通は少なく 3月になっても湖からの肌寒い風が吹き付ける滋賀県東近江市栗見出在家町の能登川漁港。正午前、沖島の漁師奥村繁さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

びわ湖北湖の全層循環完了せず

「年に一度「琵琶湖の深呼吸」に遅れ 暖冬影響か、低酸素化の懸念」について 続報です。 https://www3.nhk.or.jp/lnews/otsu/20190326/2060002291.html NHK 滋賀 NEWS WEB びわ湖北湖の全層循環完了せず 03月26日 17時57分 びわ湖の水が混ざり合うことで湖…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more