外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 郷土料理「こけらずし」を押しずしに 長浜の男性

<<   作成日時 : 2014/01/01 03:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ビワマスのなれ寿司は食べた事があります。

以下引用。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131231-00000012-kyt-l25
郷土料理「こけらずし」を押しずしに 長浜の男性
京都新聞 12月31日(火)12時9分配信

菅井さんが手にするのが押しずしにした「コケラ寿し」。手前中央の小皿に盛られているのが本来の「こけらずし」(長浜市役所)

滋賀県長浜市の旧びわ町南浜地区に伝わる郷土料理、ビワマスを使ったなれずしの「こけらずし」を同市大戌亥町でラーメン店を経営する菅井竜治さん(37)がアレンジし、女性や子どもにも食べやすくした「コケラ寿し(現代風)」として販売している。こけらずしを食べる人が減っているため、若い人たちに知ってもらい、伝統食を残そうという狙いがある。
南浜地区の「こけらずし」は、産卵で姉川をさかのぼってきたビワマスの切り身と麹(こうじ)を使い、なれずしにしたのが始まり。正月や結婚式など祝い事のとき、食べられてきた。

最近、若い人たちが「こけらずし」を知らないことに危機感も持った菅井さんが、米麹と一緒に発酵させたビワマスの身を使い、押しずしにアレンジした。発酵食品特有のにおいを抑え、すし飯にも米麹をまぜ、少し甘めに仕上げた。

菅井さんは「『コケラ寿し』がきっかけになって本来の『こけらずし』が知られ、また、家庭でも作られるようになれば」と話していた。1本1260円で長浜市元浜町の「長浜まちの駅」で販売している。問い合わせは「湖ともの工房いまはま」TEL0749(50)7134。
最終更新:12月31日(火)12時9分

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
郷土料理「こけらずし」を押しずしに 長浜の男性 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる