外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS ビワマス稚魚を放流 米原市民、滋賀銀行員ら

<<   作成日時 : 2014/03/19 04:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

天然ビワマスが気軽に食べられる様になると嬉しいです。

以下引用。
http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20140317/CK2014031702000007.html
ビワマス稚魚を放流 米原市民、滋賀銀行員ら
2014年3月17日

家庭の冷蔵庫でふ化させた琵琶湖の固有種ビワマスの稚魚を放流するイベントが十六日、米原市上丹生の天野川支川であり、一万二千匹が一斉に琵琶湖へ旅立った。放流は三年目。今回、市民百人に加え、滋賀銀行創立八十周年事業の一環で役職員と家族三百人が企業として初参加した。
滋賀銀では昨年十一月、役職員六百人がそれぞれビワマスの卵五個をペットボトルに入れて家庭に持ち帰った。冷蔵庫で四カ月かけてふ化させ、愛着を持って育ててきた。今回、無事にふ化した千五百匹を持参した。

イベントでは、長靴を履いた参加者が川に降り立ち、県漁連が採卵ふ化させた天然ビワマスと合わせて放流。子どもたちは稚魚が泳ぐ姿に大喜び。近所の几(おしまづき)恵誓君(11)は「元気よく育ってほしい」と大きく成長して戻ってくることを期待していた。

主催は市や県でつくる「天野川ビワマス遡上(そじょう)プロジェクト会議」。市ビワマス応援大使「ファミリーレストラン」の漫才や、ビワマスみそ汁の振る舞いもあった。
(河辺嘉奈子)

引用ここまで。









鮎家の琵琶マス巻
株式会社 鮎家

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 鮎家の琵琶マス巻 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
ビワマス稚魚を放流 米原市民、滋賀銀行員ら 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる