外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 「清流の使者」400匹 モツゴのぼりお目見え

<<   作成日時 : 2014/05/07 02:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

安直な放流イベントよりずっと意義があると思います。

以下引用。
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/140505/20140505030.html
「清流の使者」400匹 モツゴのぼりお目見え
2014年5月5日

大阪市東成区内を流れる平野川に淡水魚モツゴを模した「モツゴのぼり」がお目見えした。カラフルなモツゴたちが風に乗って泳ぐ姿が7日まで楽しめる。

区民有志による「東成区未来わがまち推進会議」で環境と景観を担当する1班が実施。平野川に生息するモツゴをアピールすることで、住民の意識を高め、環境美化につなげようと3年前から行っている。これまでは同区神路の平野川分水路で実施してきたが、ことしは初めて本流の平野川に架かる剣橋と南弁天橋を囲むように約400匹のモツゴのぼりをつるした。

モツゴのぼりは、1匹が50センチほど。区内のイベントなどで子どもたちが制作した。

平野川は柏原市の大和川を起点とし、大阪市内では平野、東住吉、生野、東成、城東区と北流する1級河川。高度成長期以降、周辺の工業排水などによる汚染が深刻化していたが、2006年にモツゴの生息が確認されたことをきっかけに環境美化活動が始まった。

「以前は生き物がいると思われることもなかった川だった。それに比べると多少はきれいになった」と同班の中堅(*1)勝重さん(72)。しかし、現在も川にはペットボトルなどのごみが浮いていることも多く、「隣接する区や河川管理事務所と協力して美化を進めたい」と話していた。

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
「清流の使者」400匹 モツゴのぼりお目見え 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる