外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS イタセンパラ、いる? 氷見で親子が地元の川に理解

<<   作成日時 : 2014/06/23 03:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

イタセンパラとタイバラって似てますかねえ?

以下引用。
http://www.toyama.hokkoku.co.jp/subpage/TH20140622411.htm
イタセンパラ、いる? 氷見で親子が地元の川に理解

親子イタセンパラ教室は21日、氷見市惣領のひみラボ水族館と付近の万尾川で開かれ 、親子連れ17組37人が国天然記念物の淡水魚イタセンパラなど地元の川に住む生き物 に触れ、理解を深めた。
イタセンパラは氷見市の万尾川や仏生寺川に生息する日本固有の淡水魚で、環境省が厳 重な保護対策が必要な絶滅危惧TA類に指定している。

水族館で行われた講義では氷見市教委の西尾正輝主任学芸員が講師を務め、イタセンパ ラの生態や特徴などを解説した。イタセンパラと外見が似ている「タイリクバラタナゴ」 との見分け方も説明した。

参加者は万尾川に移動し、前もって設置してあった網に掛かっていたフナやザリガニ、 ヨシノボリなどを観察した。続いて胴長を着て川に入り、網で水中を探ってイタセンパラ を探した。

窪小の北川乙葉さん(4年)、星来(せいら)さん(1年)姉妹は「イタセンパラを見 つけるのは難しかったけど、かわいい魚が捕れて楽しかった」と話した。

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
イタセンパラ、いる? 氷見で親子が地元の川に理解  外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる