外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 鹿野でアユカケ放流 1300匹、園児ら成長願う

<<   作成日時 : 2014/07/24 09:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

放流種苗は在来なんでしょうね、多分。

以下引用。
http://www.nnn.co.jp/news/140723/20140723006.html
鹿野でアユカケ放流 1300匹、園児ら成長願う


環境省レッドリスト絶滅危惧種の淡水魚・アユカケの放流が22日、鳥取市鹿野町鹿野の水谷川で行われた。稚魚の養殖に取り組む鳥取県栽培漁業センターが提供した約1300匹を、地元の紺屋町公民館ふれあいクラブのメンバーとこじか幼稚園の年長児25人が流し、成長を願った。

アユカケはカジカの仲間で、淡水魚の中で最も美味と評される。産卵のため海と川を行き来するが、河川整備が進んだために全国的に生息数が減少している。一般河川にも生息域を広げる試験放流として同センターがクラブに呼び掛けて行った。

同センターの古田晋平所長(59)がアユカケの特長や放流の仕方について説明。園児たちは、生後半年で体長約4センチに育った稚魚が入ったバケツを手渡され「大きくなってね」と声を掛けながら放流した。稚魚は2年で20センチほどに成長し、産卵するようになるという。

岡静士朗ちゃん(5)は「大きくなってこの川に戻ってきてほしい。見に来たい」と笑顔。同クラブの伊井照幸会長(65)は「私が子どものころは珍しくない魚だった。川の美化を続けて見守っていきたい」と話していた。

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
鹿野でアユカケ放流 1300匹、園児ら成長願う 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる