外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS どうする?どうなる!外来生物〈12〉不自然な存在の認識を

<<   作成日時 : 2014/10/04 21:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日本には「放生会」という考え方が染み付いちゃってますからねえ。

以下引用。
https://www.kanaloco.jp/article/78518/cms_id/104769
どうする?どうなる!外来生物〈12〉不自然な存在の認識を
2014.10.03 13:21:00

生物多様性を維持し、失われた自然を取り戻すことは容易ではない。生物を野外に放つ行為は善行であり、社会通念上も人の営為として認められてきた歴史があるからだ。そして生命を大切にする動物愛護の精神や倫理観もまた、善として多くの人たちに支持されている。

外来生物が引き起こすさまざまな問題を解決するために、短期的には法規制を強化すると同時に、被害地域の防除を進める必要がある。しかしながら、それだけでは真の解決には結びつかないだろう。多くの人たちが外来生物とは生物進化の歴史の中ではあり得ない不自然な存在であるという認識に至ることが必要だ。

そのためには知識を増やし、教養を高めること、そして自然度の高い地域とはどのような場所なのか、実際に訪れて体験することが必要である。結果、地質学的な時間を背景とした自然史に重みを感じ、自然への畏怖や畏敬の念を抱ける感性が磨かれ、自然はかけがえのないものという価値観が醸成される。

取り戻すべき原風景とは、そうしてはじめて思い描けるものであろう。目前の小川をメダカもすめる豊かな自然とみるか、メダカしかすめない自然と捉えるのか、それはあなた次第である。
(県立生命の星・地球博物館学芸員  瀬能 宏)
=おわり
県立生命の星・地球博物館で11月3日まで特別展「どうする?どうなる!外来生物」を開催しています。
【神奈川新聞】

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
どうする?どうなる!外来生物〈12〉不自然な存在の認識を 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる