外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS ミヤコタナゴ:復活へ 産卵に適した貝を探る試験始まる /栃木

<<   作成日時 : 2014/11/14 23:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

あと貝の中に変なオマケが入っていないか事前に充分に確認期間を取る事も忘れないで下さい。タイバラやカネヒラが侵入して来たらシャレになりませんよ。


以下引用。
http://mainichi.jp/area/tochigi/news/20141114ddlk09040081000c.html
ミヤコタナゴ:復活へ 産卵に適した貝を探る試験始まる /栃木
毎日新聞 2014年11月14日 地方版

大田原市羽田の保護区に国天然記念物「ミヤコタナゴ」(コイ科の淡水魚、絶滅危惧種)を復活させる取り組みの一環として、タナゴの産卵に適した二枚貝(マツカサガイ)を探る試験が13日、同市佐良土の県水産試験場でスタートした。

試験には(1)保護区に生息していた貝(2)今年度、他地区から保護区に導入して活用した貝(3)他地区の貝−−の3パターンの貝を各15個使う。まず、雄雌各450匹と貝を一緒に水槽に入れ、産卵のため2週間置く。次に、貝をパターンごとに水槽に分けて経過を観察する。卵の産み付け状況、ふ化、稚魚数を確認することで、タナゴがどのパターンの貝を選んで産卵したのか、どの貝で生まれた稚魚がよく育つのかを突き止められるという。試験期間は来月末までの予定。【柴田光二】

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
ミヤコタナゴ:復活へ 産卵に適した貝を探る試験始まる /栃木 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる