外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS カワバタモロコ:絶滅危惧種と自然考える 名張で観察会 /三重

<<   作成日時 : 2015/08/12 12:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

>特徴はコイの仲間で


うーん、”コイ科の淡水魚で”位の表現にして欲しかった。

以下引用。
http://mainichi.jp/area/mie/news/20150810ddlk24040258000c.html
カワバタモロコ:絶滅危惧種と自然考える 名張で観察会 /三重
毎日新聞 2015年08月10日 地方版

環境省が絶滅危惧種に指定する日本固有の淡水魚「カワバタモロコ」の観察会が9日、名張市上三谷の人工池「トンボ池」であり、家族連れ約90人が参加した。池を造ったNPO法人「赤目の里山を育てる会」などの共催で、全国のNPO法人が希少生物の保全活動に取り組む「SAVE JAPAN プロジェクト」の一環。地元の錦生自治協議会、赤目まちづくり委員会も参加した。

はじめに、環境調査会社「エー環境研究所」(大阪市)の辻野寿彦・第1室長(47)が本州中部から九州北西部に局所的に生息し、「県内には3、4カ所しかない」と解説。特徴はコイの仲間で、成魚は約5センチとなり、「繁殖期は雄が金色になる」などと説明した。

育てる会の伊井野雄二理事長(60)は池を作り、カワバタモロコの保護増殖を始めた経緯は、産廃施設の予定地を買い取り、「約二十数年前に業者から里山を守ろうとしたことがきっかけ」と語った。

母親と観賞した大川夢加(ゆめか)さん(10)=赤目町新川=は「カワバタモロコが絶滅しないように自然を大切にするには何ができるかを考えたい」と話した。【鶴見泰寿】
〔伊賀版〕

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
カワバタモロコ:絶滅危惧種と自然考える 名張で観察会 /三重 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる