外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 亀岡スタジアム 面積が基準超

<<   作成日時 : 2015/09/25 05:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

新国立競技場の様にいったん白紙に戻したら如何でしょう?

以下引用。
http://www3.nhk.or.jp/lnews/kyoto/2015148371.html?t=1443088228225
亀岡スタジアム 面積が基準超

京都府が亀岡市に建設を計画している球技専用のスタジアムについて、基本設計の段階で、スタジアムの建物の面積が亀岡市の条例の基準を超えていることがわかりました。条例の範囲内に収めるためには建物を計画より3割近く小さくする必要があり、府では、「面積を縮小し、条例に対応していく」と話しています。

京都府は、JR亀岡駅の近くに2万人を収容できる球技専用スタジアムの建設を計画していて再来年度、平成29年度中の完成を目指しています。
このスタジアムは亀岡市が整備を進めている都市公園の中に建てられるため、市の条例に基づいて建物の面積を公園全体の12%以内に抑える必要があります。

ところが、京都府の基本設計では、公園全体の面積に対するスタジアムの建物の割合は約16.6%で亀岡市の条例の基準を超えていることがわかりました。

条例の範囲内に収めるためには建物の面積を現在の2万3100平方メートルから1万6680平方メートルへと3割近く小さくする必要があります。

これについて京都府のスポーツ施設整備課では「基本設計を業者に発注した段階では面積の基準があることは把握していたが、十分検討できていなかった。今後、観客席の形などを設計会社と協議するなどして面積を縮小し、条例に対応していく」と話しています。
09月24日 18時33分

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
亀岡スタジアム 面積が基準超 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる