外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 北斗星(10月10日付)

<<   作成日時 : 2015/10/11 01:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

個人的にはゼニタナゴはもう特別天然記念物で良いと思いますけどねえ。

以下引用。
http://www.sakigake.jp/p/akita/hokuto.jsp?kc=20151010ax
北斗星(10月10日付)

ゼニタナゴというコイ科の淡水魚は、ドブガイやイシガイなどの二枚貝を「ゆりかご」にして育つ。その生態は杉山秀樹著「クニマス・ハタハタ 秋田の魚100」(東北出版企画)に詳しい

▼秋になると雌は腹から細い管を伸ばして二枚貝に差し込み、卵を産み付ける。卵は貝の中でかえると、そのまま冬を越して翌春に1センチほどの稚魚となって貝から飛び出す。その後4カ月で約5センチの親魚に成長する

▼関東から秋田・岩手にかけての川や沼に広く分布していたが、現在は東北のごく限られた場所でしか生息していない。水質悪化のほか、外来魚のブラックバスに食われたり、二枚貝がアメリカザリガニに食われたりすることも減少の理由だという

▼秋田市の大森山動物園は園内の沼に生息するゼニタナゴを守るため、人工の池で数を増やした後、沼に戻す取り組みを9年前から続けている。水槽で展示している親魚を見ると、産卵を控え、雄の体には婚姻色のあかね色が差している

▼この美しさに加えて、環境省と県それぞれのレッドリストで絶滅の危険性が最も高い絶滅危惧種1Aに指定されていることが、マニアに狙われる要因ともなっている。県も生息地を保護する態勢を整えつつある

▼田沢湖ではいま、70年前に絶滅したクニマスの復活に向け、環境調査が行われている。絶滅からの復活という物語は素晴らしいが、いま生きているゼニタナゴを絶滅させてしまっては、後世の人に合わせる顔がない。
(2015/10/10 付)

引用ここまで。



【送料無料】 レッドデータブック 日本の絶滅のおそれのある野生生物 2014 6 貝類 / 環境省自然環境局 【単行本】
LAWSONほっとステーション
商品の詳細ジャンル社会・政治フォーマット単行本出版社ぎょうせい発売日2014年10月ISBN9784

楽天市場 by 【送料無料】 レッドデータブック 日本の絶滅のおそれのある野生生物 2014 6 貝類 / 環境省自然環境局 【単行本】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
北斗星(10月10日付) 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる