外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS “アユモドキに配慮し建設”

<<   作成日時 : 2015/11/21 01:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

>「アユモドキに配慮しながら建設を進めることが市民の意思と受け止めている」

そりゃおめーの思い込みだろうがw。

以下引用。
http://www3.nhk.or.jp/lnews/kyoto/2013468511.html
“アユモドキに配慮し建設”

IUCN=国際自然保護連合が亀岡市に生息する淡水魚のアユモドキを「絶滅危惧種」に指定したことについて、生息地周辺でスタジアムの建設を計画している京都府の山田知事は「アユモドキに配慮しながら建設を進めることが市民の意思と受け止めている」と述べ、建設を進める考えを改めて示しました。

野生生物の専門家などでつくるIUCNは、19日に公表した「レッドリスト」の中で、アユモドキを絶滅危惧種に指定した上で、「スタジアムの計画はアユモドキの生息を強く脅かしている」などと指摘しました。

この指摘について京都府の山田知事は20日に会見で、「亀岡市のアユモドキは人間の手で救出作戦を行うなど人工飼育に近いことをして保護してきた。IUCNにはまず、その点を理解してほしい。
これまでに京都府への聞き取りなどはなかった」と述べました。

その上で、今月1日に投票が行われた亀岡市長選挙でスタジアムの建設が争点の一つになったことに触れ、「市民はスタジアムの建設に賛成票を投じたと思っている。
アユモドキに配慮しながら建設を進めることが市民の意思と受け止めている」などと述べ、建設を進める考えを改めて示しました。

11月20日 18時24分

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
“アユモドキに配慮し建設” 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる