外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 県職員らの自家製ふなずし品評会=滋賀〔地域〕

<<   作成日時 : 2016/02/10 18:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さて出品された面々はどんなメンバーなのでしょうか?

以下引用。
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2016020800211
県職員らの自家製ふなずし品評会=滋賀〔地域〕

滋賀県職員らが自家製ふなずしの味を競う品評会が、大津市内で開かれた。41人が出品し、独特の発酵臭が漂う中、52人が食べ比べながら好みの味を語り合った。

ふなずしは県の郷土料理で、ご飯に漬けて発酵させる「なれずし」の一種。県では主に琵琶湖の固有種ニゴロブナを使う。

品評会は県水産課の呼び掛けで2011年度から毎年開催。参加者は皿に盛りつけられたふなずしを次々と味わいながら採点した。

審査には三日月大造知事も参加し、県消費生活センターの大橋弘明所長(57)が優勝した。大橋所長は3回目の出品で初の栄冠。「毎年、味が違うのが面白い。今後も続けたい」と喜びを語った。(2016/02/08-11:11

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
県職員らの自家製ふなずし品評会=滋賀〔地域〕 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる