外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 外来のカメ、先手で規制 日本固有種との交雑防げ

<<   作成日時 : 2016/03/15 03:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

まず入り口を止めないと。

以下引用。
http://www.sankei.com/photo/daily/news/160312/dly1603120031-n1.html
2016.3.12のニュース
外来のカメ、先手で規制 日本固有種との交雑防げ

「ミドリガメ」の名で知られるミシシッピアカミミガメの代替品として、近年流通量が増えている外来種ハナガメを、環境省は輸入や販売が原則禁止となる「特定外来生物」に指定する。日本固有種と交雑する恐れがあるためだ。全国の川などに捨てられて爆発的に増えたミドリガメの二の舞いを避けるため、先手を打つ狙いがあり、15日の専門家会合で方針を示す。.

ハナガメは中国やベトナムなどに生息し、養殖された幼体が50年以上前から日本に輸入されている。輸入量は不明だが、専門家によると、近年増加傾向にあるという。.

温厚で育てやすいとされ1匹千円ほどで販売されるが、雑食で体長30センチまで成長する。寿命が数十年と長いこともあり、池や川で捨てられているのが見つかっている。.

環境省が懸念するのは、固有種ニホンイシガメとの交雑だ。2009年以降、既に名古屋市などで交雑カメが確認されており、このままでは固有のニホンイシガメが「絶滅」する恐れもある。.

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
外来のカメ、先手で規制 日本固有種との交雑防げ 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる