外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 福島潟の生き物との触れ合い楽しむ

<<   作成日時 : 2016/04/05 21:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

バスやギルはいなかったのでしょうか?

以下引用。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/local/20160404245476.html
福島潟の生き物との触れ合い楽しむ
新潟 親子らが観察・試食会

新潟市北区の福島潟で3日、魚や水生昆虫などの生き物を捕まえるイベントが開かれた。市内外の親子連れら約60人が参加し、泥だらけになりながら、自然との触れ合いを楽しんだ。

NPO法人「ねっとわーく福島潟」が豊かな自然に親しむと同時に、増加する外来生物についても学んでもらおうと毎年開催している。参加者は大きな網を手に、潟周辺の池や水路の中へ。膝まで泥に漬かり、大物のコイやナマズ、大量の小魚などを捕まえた。

捕獲した生物は20種ほどで専門家が生態を解説。希少なジュズカケハゼが見つかった一方、ウシガエル、アメリカザリガニなどの外来種も目立った。捕まえた生き物や野草を食べる試食会もあり、ザリガニの揚げ物やヨモギ、フキノトウの天ぷらが並んだ。

家族と参加した新潟市西区の小学3年の男子児童(8)は「名前を覚えきれないくらい多くの生き物がいて楽しかった」と満足そうに話した。
【地域】 2016/04/04 13:01

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
福島潟の生き物との触れ合い楽しむ 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる