外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 美女ヶ池“美貌”取り戻せ 濁りの原因、ソウギョを捕獲

<<   作成日時 : 2016/11/21 20:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

>ソウギョが泥を巻き上げて水が濁り始めた

こりゃあ間違いですね。泥を巻き上げるのはコイでしょう。

以下引用。
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20161115/201611150906_28430.shtml
美女ヶ池“美貌”取り戻せ 濁りの原因、ソウギョを捕獲
2016年11月15日09:06

美しく澄んだ水を取り戻そうと、岐阜県高山市朝日町見座のため池「美女ケ池」で13日、池の水を抜き、水質改善を図る「かい掘り」が行われた。管理する美女高原観光開発組合の関係者やボランティアら約150人が参加し、水の濁りの原因とみるソウギョを捕獲した。

同池は美女高原(標高830メートル)にあり、周辺の湿地帯には約1万株のミズバショウが群生。春から秋にかけては釣り人やボートに乗る観光客でにぎわう。

美女高原観光開発組合によると、ソウギョは1985年に、釣りやボート利用のために自生していたジュンサイを除去しようと200匹を放流した。しかし、15年ほど前から池上流部の土が流入して池の底に泥がたまると、ソウギョが泥を巻き上げて水が濁り始めた。ソウギョが水草や池周辺の草を食べ尽くしたことで、自然の浄化作用も低下したという。

今年春、同組合は環境再生プロジェクトチームを立ち上げ、9月にソウギョ釣り大会を実施。今回のかい掘りでは、同チームメンバーや住民ボランティアがあらかじめ水を抜いておいた池に一斉に入り、体長1メートル近くのソウギョ8匹を網で捕獲した。池に落ちたごみなども拾った。

山本幸生組合長(60)は「15年ほど前にかい掘りした時より泥がたまっていた。今後も泥をくみ出すなどしてきれいな池を取り戻したい」と話していた。

池の水は春までに自然にたまるという。

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
美女ヶ池“美貌”取り戻せ 濁りの原因、ソウギョを捕獲 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる