外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 琵琶湖“深呼吸”、全層循環を確認 過去10年で2番目の早さ

<<   作成日時 : 2017/02/19 01:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

まずは一安心という事でしょうか。

以下引用。
http://www.kyoto-np.co.jp/environment/article/20170131000161
琵琶湖“深呼吸”、全層循環を確認 過去10年で2番目の早さ

滋賀県は31日、琵琶湖の表層と湖底の水が混ざり合う「全層循環」を1月26日に確認したと発表した。酸素が深い湖底まで供給される重要な現象で、「琵琶湖の深呼吸」とも呼ばれる。過去10年で2番目に早い確認となった。

琵琶湖北湖では、例年春から秋にかけて湖底の溶存酸素濃度は低下していく。全層循環は、酸素を多く含んだ表層の水が冬の寒さで冷やされて底へ沈み込み、湖底付近の酸素濃度が表層とほぼ同じになることをいう。湖底付近に暮らす生き物にとって欠かせない現象とされる。

県は1979年から高島市今津浜沖の水深90メートルの地点で溶存酸素の調査を行っている。26日にはそれまでの1リットル当たり3〜4ミリグラムだった酸素濃度が10・1ミリグラムまで上昇したという。

全層循環は例年1月から3月に発生し、2007年以降で1月に発生したのは11年(24日)と13年(29日)の2回だけだった。県は、昨年から水温が高く湖水が混ざりやすい状況だったことに加え、今冬の雪や低気温の影響で全循環が早まったとみている。

県は「早い時期の全循環は、それだけ長く湖底に酸素が供給されるので望ましいことだ」としている。
【 2017年01月31日 23時01分 】

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
琵琶湖“深呼吸”、全層循環を確認 過去10年で2番目の早さ 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる