外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 沖縄在来メダカ、交雑進む 本州産の放流が原因か

<<   作成日時 : 2017/04/18 05:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

善意の放流はまだまだお盛んに行われています。「知らないでやったなら罪は無い」という価値観は捨てて「無知は罪なり」という価値観に切り替える必要がある段階に来ていると思います。

http://www.asahi.com/articles/ASK384FT9K38ULBJ00C.html
沖縄在来メダカ、交雑進む 本州産の放流が原因か
香取啓介
2017年3月27日05時04分

沖縄在来のメダカと本州のメダカの交雑が進んでいることが、琉球大の今井秀行准教授らの遺伝子解析でわかった。沖縄で本州産のメダカが放流されたのが原因とみられ、沖縄在来のメダカの絶滅につながる恐れがある。

日本のメダカは遺伝子解析により、東北から北陸を中心に生息するキタノメダカと、主に関東以西に生息するミナミメダカに大別される。ミナミメダカも遺伝子型によって複数の集団に細分され、沖縄・奄美地方のものは「琉球型」として区別できる。

今井さんらは2003〜10年に日本各地でミナミメダカを採集し、ミトコンドリアDNAを比較した。沖縄県内でも8カ所で採集。知念村(現南城市)の水田跡のメダカ52匹のうち51匹が本州や九州で見られる遺伝子型を持っていた。

メダカは国内各地で数が減っており、「絶滅の危険が増大している種」として環境省のレッドリストに記載されている。各地で保護活動として放流が行われているが、他地域産や観賞用のものが放流され交雑するケースもある。今井さんは「善意の放流が、遺伝子汚染を進行させていることも知ってもらいたい」と話している。(香取啓介)

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
沖縄在来メダカ、交雑進む 本州産の放流が原因か 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる