外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 壇蜜、外来魚の取り扱いを『サンジャポ』で熱弁

<<   作成日時 : 2017/12/08 15:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

私も好感度上がりました。

以下引用。
https://sirabee.com/2017/11/26/20161388799/
壇蜜、外来魚の取り扱いを『サンジャポ』で熱弁
「放流する前にショップに相談して」あたりまえだけどできないことを壇蜜が熱弁
2017/11/26 14:00

26日に放送された、TBS系情報番組『サンデー・ジャポン』では、各地で捨てられ社会問題となっている外来生物がテーマに。壇蜜の意見に称賛が集まっている。

■放流する前に相談
ペットとしても人気が高い「ガー科」の魚。しかし、途中で飼いきれなくなり、川に放流する行為が日本では横行している。このような行為は日本固有の生態系を崩すなど、大きな問題を巻き起こしている。

そこで、政府は「ガー科」の魚など16種類を特定外来生物に指定し、来年4月1日から輸入、販売、飼育を禁止することを決定した。すでに飼育をしている場合には許可を得ることで飼育続けることは可能なようだ。

「スポッテッドガー」と呼ばれる「ガー科」の魚を飼育する壇蜜は…

「今はペットショップや熱帯魚ショプでも袋に『捨てないで』と書いて警鐘を鳴らしている。命を守るために放流するのは100%悪ではないですが、それは無責任でもある。そうなる前に熱帯魚ショップの人が相談に乗ってくれるケースが多いので、川に行く前に相談してほしい」

と、熱意を込めて訴えた。

■ネット民は壇蜜を称賛
ネットでは「すごく好感度があがった」など壇蜜を称賛する声が目立っている。

■動物を衝動で買ったことある?
ちなみに、しらべぇ編集部が全国の20代〜60代の犬や猫をペットショップで買ったことがある人452名を対象にした調査を実施。

20代の28.6%が「衝動でペットを購入したことがある」と回答している。

見た目が珍しい動物が多く一度は飼ってみたいと考える人も多い外来生物。しかし、川などに放流され、日本固有の生態系を脅かしている。とくに、多摩川など生活排水が流れる場所は冬でも水温が高く、外来魚などが住むには最適な環境である。

今後は、「第二のタマゾン川」を作らないように外来生物の取り扱いに慎重になる人が増えることを祈るばかりだ。

・合わせて読みたい→巨大ヘビを段ボール詰めで放置! 身勝手な行動に怒りの声
(文/しらべぇ編集部・嘉手川 裕太)

引用ここまで。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
壇蜜、外来魚の取り扱いを『サンジャポ』で熱弁 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる