外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 栗林公園の池でコイヘルペス確認

<<   作成日時 : 2018/04/19 02:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

>地元の住民などがおととしと去年、放流したものだということです。
私的放流はもう厳禁すべきですね。

以下引用。
http://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/20180418/8030000823.html
香川 NEWS WEB

栗林公園の池でコイヘルペス確認
04月18日 17時46分

高松市にある国の特別名勝、栗林公園の池でコイが「コイヘルペス」に感染していることが確認され、香川県は池に生息するコイをすべて処分することにしています。

香川県によりますと、高松市にある栗林公園の敷地内にある「北湖」と「南湖」と呼ばれる池で、ことしの2月から17日までに247匹のマゴイやニシキゴイが死んでいるのが相次いで見つかりました。

県では、国の研究機関に検体を送って検査をした結果、「コイヘルペス」への感染が確認されました。
県内で「コイヘルペス」が確認されるのは5年ぶりで、栗林公園では初めてだということです。

「コイヘルペス」はウイルスによって発症するコイ特有の病気で、コイ以外の魚や人に感染することはないということですが、県は、被害が拡大しないよう公園の池の水を周囲に排水しない措置を行うとともに、池にいるおよそ700匹のコイを処分することにしています。

県によりますと、現在、公園にいるコイの多くは、地元の住民などがおととしと去年、放流したものだということです。

栗林公園観光事務所の和泉誠司所長は「公園にコイが増えて来園者からも好評だった中、このようなことになり、とても残念に思う」と話していました。

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
栗林公園の池でコイヘルペス確認 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる