外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 外来種対策 市民参加型の調査活動がなぜ重要なのか

<<   作成日時 : 2018/09/07 02:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

一理ありますが例のTV番組の様に外来種駆除活動が安易な見世物化する危険性もあるので諸手を挙げて賛成とはちょっと言い難い気が。

以下引用。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180904-37285549-nkdualz-life&p=1
外来種対策 市民参加型の調査活動がなぜ重要なのか
9/4(火) 11:00配信
日経DUAL

が野外に放したことをきっかけに増えてしまったアカミミガメやカミツキガメなどの外来生物は、最後の1匹まで取り除かなければ元の生態系を回復させることはできません。そのためには継続した取り組みが不可欠ですが、駆除には当然ながらお金がかかります。...

人が野外に放したことをきっかけに増えてしまったアカミミガメやカミツキガメなどの外来生物は、最後の1匹まで取り除かなければ元の生態系を回復させることはできません。そのためには継続した取り組みが不可欠ですが、駆除には当然ながらお金がかかります。そうした点を踏まえて、地域の人々が自治体と連携して外来種対策に参加するしくみを作ることが大事だと加藤先生は言います。今回は、静岡市が行っている市民参加型の調査活動を紹介します。

引用ここまで。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
外来種対策 市民参加型の調査活動がなぜ重要なのか 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる