外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 滋賀・鮒寿しの老舗、台風から奇跡的復活。間借りで営業

<<   作成日時 : 2019/02/23 01:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

頑張って下さい。

以下引用。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190204-00058706-lmaga-l25
滋賀・鮒寿しの老舗、台風から奇跡的復活。間借りで営業
2/4(月) 7:00配信 Lmaga.jp

滋賀県高島市の老舗「湖里庵(こりあん)」。復活した初日の1日目は予約客で満席となった
台風で被害に合い休業を余儀なくされている、滋賀県の郷土料理・鮒寿しの老舗「湖里庵(こりあん)」(滋賀県高島市)。再開までの間、大津市のホテル「商店街ホテル 講 大津百町」で月2回復活することとなり、食通から注目を集めている。

1784年に創業した名店が、2018年9月4日の台風21号の影響により被災。木造2階建ての店舗は天井と壁が吹き飛ばされて営業不可能となった。ただ、蔵と調理場は被害を免れ、調理道具や器も無傷で奇跡的な状態に。

「創業からずっと鮒寿しを作り続けてきた大切な蔵。地元の気候と蔵付きの菌、つける人の手によって代々味を守ってきたので、もし蔵まで倒壊していたら、二度と『湖里庵』の鮒寿しは作れなくなっていたでしょう。また料理をお出しする場を失うこそすれ、いつでも準備万端でお客様をお迎えできることは不幸中の幸いでした」と、七代目当主・左嵜謙祐(さざきけんすけ)さんは語る。

1年先まで予約が入る老舗のそんな状況が周囲に伝わり、食文化ジャーナリストで写真家の森枝卓士さんが同ホテルの運営会社に相談。それがきっかけとなり同ホテルのダイニングエリアを間借りする形で、1月18日から再スタートした。

これまでは調理済みの料理を客のもとへ運んでいたが、客の目の前で料理を仕上げるライブ感あるスタイルに。「7代目の私までずっとやってこなかった手法なのでとても新鮮な気持ち。お客さまと話ながらこしらえるのも、召し上がる様子を拝見できるのも、初めてのこと」と左嵜さんは話す。また、お客にとっても同店の新しい魅力を発見するきっかけともなるだろう。

当面は、毎月いずれかの金曜日に2回、完全予約制で営業。本店で提供していた「鮒寿し懐石」と「近江懐石」をミックスさせ、鮒寿しほか琵琶湖の魚を使ったコース全11品(13000円・税別サ込)を、6席のカウンターと4席の個室席で提供する。また高島市の店舗は、今春から工事を開始し、年内のリニューアルオープンを目指すとのこと。

取材・文/中河桃子

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
滋賀・鮒寿しの老舗、台風から奇跡的復活。間借りで営業 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる